はしっこ、丁寧な、どんどん、とんかつ弁当

週に三日は、どんどん弁当を食べている、はしっこです。
今日は、食べているようで食べていなかった、どんどんのとんかつ弁当

こんな感じで500円です‼️

ソースの名門、ハクタカのトンカツソースが付くのも、ニクい^_^
さらに

カラシ付きです

付き合わせも、ちょっとサッパリした、モヤシの和え物

とんかつの肉質もなかなかの物ですよ‼️
流石です、どんどん弁当今日も美味しく頂きました。ご馳走様です。
スポンサーサイト

はしっこ、浜松トラックステーションにて

おかわり好きな人は絶対ココだと思う、はしっこです。
浜松トラックステーションそれは東名高速道路、浜松インターチェンジのすぐ横にある、休息所です。
別にトラックドライバーだけに解放している施設でもなく、一般のドライバーやごはんだけ食べる人でも気軽に利用でき施設です。
宿泊や風呂、中にはゲーセンもありますよ!

駐車場広々トラックのエンジン音が途切れる事はありません。

入口に書かれている定食おかわり自由、漬物おかわり自由、これが好きな人は、絶対ココです

朝のモーニングバイキングもあります‼️
実は、はしっこ、ここで元が取れるほど食えないのですがここの定食類は、美味いと聞いていたのですそれに全部手作り、本格的な味という噂が
^_^


メニューの一部、食券を買えば自動的にオーダーが入ります。
ハイテクです‼️

漬物類はちょっと寂しいですが、コレでメシは食えます。
そして

充実のドレッシング類野菜嫌いなドライバーの健康を気遣う 配慮でしょう^_^

お米は青森産を使用、マヨネーズも昔はかけ放題だったのでしょう^_^マヨラー対策もあります。
で不思議なんですけど、この浜松トラックステーション、味が本格的なんです!ちょっと高いけど

そしてこれが、はしっこおすすめ、トンテキ定食ニンニクが上に乗って、この上ない贅沢な一品です。

この照りといい、厚みといい、なんとも言えない美しさがあります。
ナイフとフォークは、無粋です。
ここは自分の歯で噛み切るのです。
肉は柔らかいですよー!

だいたい溶けるような肉は、日本の専売特許、肉はかみごたえという持論を持つ、はしっこ。

ここ不味いよ!という輩がいたら、普段、相当美味いもん食っているんだなと、思いっきり反論出来る、はしっこです。浜松市に来られらる方は、おすすめですが、家族旅行で観光に来た方には、不向きですさすがの、はしっこも女性を誘う時は、ここには来ません(笑)

はしっこ、みんなの笑顔が見たいため!②

社内営業をする、はしっこです(笑)
ある暑~い日、社内でも頑張っでもいる人にお礼を兼ねて、冷たいものでもと思い、とある洋菓子店に寄りました。

これがいいかな?

このアイスがいいかな?


こんなプリンだったら時間差で戻って来た人でも食べやすいかな!
なんて気がきく、はしっこ我ながら、泣きました本当にみんなの事を良く思っているのですね~‼️
そして

グレードアップした、このプリンを購入すべては、みんなの笑顔が見たいため!その美しい心を持つ、はしっこそして事務所に戻りました。
そして、事務員さんに「これ、みんなで食べて」と優しく声をかけると「今日、締め日で忙しんです。はしっこさん、適当にみんなに配っておいて下さい」と当日、締め日ということを思いっきり忘れていた、はしっこです。
またしても、やっちまいました

その日の帰り道、夕陽を見ながら今年初めてのトンボを見かけた、ポンコツはしっこです。
明日からも力強く生きようと心に誓いましたとさ、オシマイ

はしっこ、飯田商店カップ麺

不味いカップ麺は、無いと断言する、はしっこです。
ある日、コンビニを眺めていると

神奈川県湯河原町にある、全国的に有名な飯田商店さんのカップ麺があるじゃないですか!
実は、はしっこ、この店に行ってみたかったのですが、箱根越えは大変で行った事はないのです。

いよいよ、飯田商店さんもコラボしたカップ麺が出たと思い、買ってみました。
この人がオーナーさんですね!

作り方は、いたって普通、お湯を入れて3分です。
多分、美味しいでしょう!
だって、不味いカップ麺って、皆無でしょう!そう思う、はしっこ。

仕上げにこの特製醤油を入れるだけ至って、シンプルです。

お湯を入れる前

3分たって特製醤油を入れて、混ぜる前、この醤油、香りがいいですね^_^

ビジュアル的には、普通ですが、まあまあ美味しいですよー‼️
カップ麺によく文句を書く人もいますが、インスタントでこの味が出せればいいんじゃないかと思う、はしっこです。
今度、飯田商店さん、行ってみよっと‼️
ては、また。

はしっこ、陸茶坊の中華に感動

冷菜がメニューにある店は高級中華店と思う、はしっこです。
古い話ですが、約20年前、はしっこが沼津市に単身で住んでいた頃、はしっこの会社の同僚が鼻息荒く、函南に料理の鉄人の陳健一に勝った人の店がある、函南みたいな田舎に(失礼)あるのかよって思ったものです。
場所と店名は知っていたのですが、入る機会は無かったのですが、今回、念願?かなって入りました。
この花瓶、高そう
この人ね、陳健一さんに勝ったのは
その当時のVTRが流れています。
テーブル席に通されます。椅子にも陸茶坊の刻印が…
季節は真夏、冷たいお冷でも最初に飲みたいのですが、出て来たのは

熱い烏龍茶、おい!夏だろう、これが天下の陸茶坊のおもてなしのやり方かよ


ちょっと憤慨 する、はしっこ


しかしこの烏龍茶が今まで飲んだ烏龍茶が一体何だったんだーと思う旨さです。


まず合格点です!
こんな容器に入っていました。



この烏龍茶の葉、陸茶坊さんで販売していました。


これ、凄いです。


注文は、はしっこに一任されましたが



ここで問題が、はしっこ、このような店慣れていないので何を注文していいのかわかりません(笑)

自称、魯山人の愛弟子を名乗るはしっこ、餃子、回鍋肉、レバニラ位しかわかりません。


しかし何となく想像出来るエビチリを無難に選択します。


このエビチリ、エビも大きくプリプリです。



やっぱり違うの一言です。


そしてもう一品、豆腐の五目入り煮込み

これも素晴らしいです!


美味いです!


チャーハン、このチャーハン、はしっこ好みの薄味です。
さらに
デザート、ミルクティーではなくプリンですよー、これ200円のサービス価格です。
静岡県函南、熱函道路沿いにある、陸茶坊さん、

この魯山人の愛弟子である、はしっこが三つ星をつけてもいいと思った名店です。


伊豆に訪れる時には、おすすめですぞ!
では、また。