はしっこ、恋する明太子から揚げ弁当

一つだけ願いが叶うとすれば、自分の願いが全部叶う事を思う、はしっこです。
さて、久しぶりのどんどん弁当、ブログにアップしていなくてもかなり食べています(笑)
今日はちょっと違った店
どんどん①
浜松市浜北区にある内野店で購入です。
どんどん③
明太子から揚げ弁当が新しく出ていました!
明太子好き、から揚げも好き、某お弁当チェーンではかなりの頻度で明太子乗せを注文する、はしっこ、これはと即決して注文しました。
どんどん②
壁にはどんどん弁当の社長の新聞記事が、慶応出身のエリートなんですね~、ちょっと漫画家みたいな顔してますけど!
読むと「のり弁当」は意識的に値段を抑え、あの有名なCMは(静岡県民であれば知らない人はいない)あのCMも意識的に残しているとは、この社長の手のひらの上で踊らされているのですね!
がんばれ、どんどん弁当!

どんどん④
さて、お初の「明太子から揚げ弁当」なぜか帯が付いています。
高級路線かな?
どんどん⑤
ビジュアル的にはこんな感じです。
明太子が写真と違い丸く乗せられています。
そして
どんどん⑧
から揚げの下地にもしっかりとご飯が敷き詰められています。
このあたりが大手お弁当チェーンとの違いでしょうか?
平気に空間がありますよねー、とあるお弁当チェーンは・・・
どんどん⑥
海苔もしっかりとかけれれています。
そうです、どんどん弁当はメニュー写真と現物の差はさほどありません!
某有名ハンバーガーチェーンのチーズなんて写真だと今にも溶けだしそうで、厚みもすごいのに、出てくる物はぺしゃんこですよね!
どんどん⑦
ただこのお弁当は量が少ないかな?しっかり食べたい方は通常のお弁当シリーズの方がいいかも、これはこれで美味しかったです。
どんどん弁当ってクオリティが高いと思うのは、はしっこだけでしょうか?
そして、明日もどんどん弁当を食べようと思う、はしっこでした(笑)

スポンサーサイト

はしっこ、ラーメン武蔵(たけぞう)さん

つけ麵はあまり好きではない、はしっこです。
よく〇〇系とか△△で修行したとか、話題が先行するラーメン屋って全国的に多いと思うんですよ、でもあっという間に閉店とか、久しぶりに前を通ると扉が閉まっているお店も多いのも事実、人気が出ていた店で閉店したとなると「一生遊んで暮らしていけるお金が稼げたのかな?」などど思う事もあるのですが、知り合いにその店の事を聞くと「最後は人が入っていなかった」とか「味がかわっちゃっと」コメントが聞かれたりします。
はしっこは、ラーメン屋さんを開店したご主人は、すごいなぁと尊敬します。
はしっこには、とても出来ない事をするのですから、一国一城の主、世の中に自分の味を問う姿勢はものすごいものがあると思います。
そんな中、はしっこが浜松市内で時々寄らせてもらうお店がこの「武蔵(たけぞう」さんなんです。
武蔵⑧
比較的有名店ですよね!浜松市らしく駐車場は店の前と少し離れた場所に確保しています。
武蔵⑦
ここは鶏ソバが美味しいという人が多いのですが、はしっこは、煮干しソバが大好きです!
時々、このような新メニューや限定商品が出ていますが、どれもハズレはないです。
限定商品でお客様をリサーチしているのかなっとも思ってしまいます。
今日はこの新メニュー、海老味噌ラーメンにしてみます。
武蔵①
ここのご主人はもちろん調理専門ですが、来客したお客様の対し目くばせ、従業員に指示を出します。
愛想はあまりないですが、仕事中ですからね、でも好感が持てますよ!


餃子もいいですよ!もやしはついていませんが、浜松餃子=もやしはやめてほしいですね~(笑)
武蔵②
そしてこれが新メニュー「海老味噌らーめん」かなり濃厚です。
これにはやはり
武蔵③
ご飯でしょう!お昼のランチタイムはライスが無料で付いてきます。
これは嬉しいです。
確か大・中・小が選べたかな、これは小です。
最近は太っているくせに食べられなくなったと思う、はしっこです。
武蔵⑤
煮干しそばもそうなんですが、ここ武蔵(たけぞう)さんは、なんというか味に深みがあるというか、何度通っても飽きの来ない味というか、なにしろそんな感じなんです。
そしてけっしてくどくないんです。
女性のお客様も多いですしね~
武蔵⑥
人気の秘密は「美味しい(好みに合う)」のは当たり前ですが、ここのご主人の真剣な姿勢がお客様にも通じるのではないでしょうか?
限定メニューもどれも美味しく、素晴らしいものでしたよ!
この歳になって思うのですが、やっぱり「お天道様は見ているんだなっと」、ここのご主人を見てそう思いました。
真面目に努力している人が最後に勝てるのですよ!
自分の行動を反省する、はしっこでした。
「武蔵(たけぞう)」さん、これからも頑張って下さい。
応援しています。

「武蔵(たけぞう」
住所:浜松市中区上島5丁目7-3
定休日:水曜日
営業時間:11:00~14:30
       17:00~23:00




はしっこ、哀しみの富士山静岡空港

好きな色は、緑のはしっこです。
さて、お休みの日、飛行機を見たくなって富士山静岡空港に行ってみました。
飛行機を見ると、ワクワクしてなんか自分もどこかに行きたくなりますよね!
そんな気分になりたくて空港へ向かいました。
富士山静岡空港①
朝9時頃に空港へ来ました。
国内や海外へ行く人で賑やかかと思いましたが、閑散としていました。
富士山静岡空港②
最近は中国や韓国の国際便が発着するとの事で、手荷物検査や搭乗手続きでごったがえしていると思ったのですが、閑散としていました
富士山静岡空港⑥
ちなみに富士山静岡空港で見られる飛行機はこんな感じです。
富士山静岡空港⑤
これが富士山静岡空港の発着時刻表、はしっこが空港に着いたのは午前9時、約2時間強は飛行機は飛ばないのです!

さすがローカル空港です。
富士山静岡空港⑦
なーんにも飛行機が無い滑走路もつまんないです。
富士山静岡空港③
飛行場内はおしゃれなショップなんかありませんし、早々に退散しましたとさ!
皆さんも富士山静岡空港を見学する場合は、時間を調べてから行って下さい。
では、また明日。



はしっこ、どんぐりに行く!

キリンビールとオレンジジュースの味の違いはわかる、はしっこです。
沼津と言えば、どんぐりと言っても過言ではないと思うのですが、はしっこが沼津市に単身赴任時代、事務の女性社員にどんぐりの事を話すと「いまどき、高校生でも行かない店」と思いっきり言われ「そうだよねー」と思いっきり同意をしてものわかりのいいオヤジを演じてしまった、はしっこです。
どんぐり⑱
店内のBGMには昭和から平成にかけての歌謡曲が流れてます。
そうですこの店のターゲットはそのあたりの年代、40代~60代、バブルを懐かしむ世代なんです!
どんぐり⑪
今の若い奴らにこの機械の名前がわかるか?
言ってみろ!

ちょっと強気になる、はしっこ
どんぐり⑩
落ち着いて、掛川に座ります。
お好きな席にどうぞ!
店員の案内はありません(笑)
どんぐり⑫
一応、店のルールを、この説明文、昔から変りません!


どんぐり⑬
このようにランプが点灯すると、料理が流れて来ます。
どんぐり⑭
来ましたー


どんぐり⑮
落ち着いて取ります。
どんぐり⑯
二桶目!重さにより桶が分かれます。
どんぐり⑰
どうです、このあんみつ、思いっきり普通でしょう!

ホントに普通なんです。
コーヒーも豆がどうの、挽き方がどうの、水がどうのとかいうレベルではないんです。
普通です(笑)
どんぐり⑲
食べ終わったらこのように流します。
決して美味しいとか、この1品とか、そのような店ではないんです!
これは、昔からそうです。
ここだけ不思議な時間が流れているという感じなんです。
空気感が違うというのかな、なんとも言えない気持ちになるんですよ!
美味しさのうんぬんを言えば野暮になります。
そんな店なんですよ、どんぐりは
はしっこも沼津に行く時は、必ず寄りますよ!
では、明日

どんぐり
沼津市大手町5-8-22
定休日:水曜日
営業時間:11:00~19:00

はしっこ、沼津どんぐり

早寝、早起きより早寝、二度寝の、はしっこです。
沼津市の話の続きです。
「どんぐり」というと沼津市民には、有名な甘味処、はしっこの幼少の頃からあるお店で、大好きなお店でした。
未だにあるのです(笑)
これが美味しいとか、この店はとっても美味しくてという人がいたら、それは偽善者です。
思い出に残る店と言えばいいのでしょうか?
それだけでも存在価値があるのかも知れません。
はしっこも沼津に行く時は、寄ってしまいます。
でもそのために沼津へ行くかというと、それほどの価値があるのかどうか、微妙な感覚です(笑)
ほさか⑦
昨日、ブログでご紹介した仲見世通り、やはりそこから少し曲がったところにそのお店はあります。
どんぐり①
外観はまったく普通の喫茶店です。
どんぐり②
上段は、昔のデパートの上階にあったファミリーレストランの子供寄せのメニュー、これはこれで懐かしい雰囲気です。
どんぐり④
子供心に不思議だったのは、お茶漬けがメニューに多い事、飲み屋の〆のイメージしかないのですが、夜は営業していません。
どんぐり③
それときしめん、これも不思議でした。
きしめん、めずらしかったです。
もちろん子供のはしっこは、お茶漬けやきしめんは食べませんでしたが・・・
このメニューのラインナップは、変わりません。
人気があるのかどうかはわかりませんが。
どんぐり⑨
そして店内、なんと川に桶が流れています。
そうです、このお店は、注文したものが川の桶で流れてくるのです。
それが子供心にとっても楽しく、沼津に行く時は「どんぐり」に行きたいと親にせがんだものです。
どんぐり⑤
当時と変わったといえばコレかな?食券が自販機になりました。
昔は先代のおじいさん、おばあさんが受付で食券を売っていましたが・・・
15~6年前に行った時にまだおばあさんが食券を売っていた事でビックリしたものです。
計算とか数とか間違ったりしていましたが、それでも店頭に出たかったんでしょうね!
どんぐり⑧
今日は、掛川に座ります。
食券をホルダに付け、桶に乗せ流します。
どんぐり⑨
それが先ほどの写真ですが、厨房の方へ流れていきます。
どんぐり⑥
これがそのホルダー、食券をつけます。
どんぐり⑦
こうやって流します。
続きは明日に報告しますね!
では、明日。