FC2ブログ
コンテントヘッダー

はしっこ、ちょっと思う

とある門前町で思った、はしっこです。
今はそう長くない門前町で、多分昔から茶店が多かったのでしょう、何しろ『よもぎ餅』を販売しているお店が数店舗ありました。
1箇所は、本格的に門前通りが始まる前の所、場所的には必ずしも恵まれていませんが、外国人観光客を相手に片言の英語や英語の案内を、もう1箇所の店舗は門前通りの真っ只中、場所には恵まれています。さらに外から見えるところに『よもぎ餅をここで一番昔からから作っています。味は一番と思っています。』の語句が、もう1箇所は、門前町が終わり寺の門に近い店、そこはよもぎをお客様に見えるようにして、視覚にも訴え売り子さんも賑やかに販売していました。
さあ、普通に考えれば、よもぎ餅は食べ物ですから、一番美味しい店が繁盛していると思うでしょう!しかし、見ていると、この三店舗の中で一番人が入っていなかったのです。
他の二店舗は、少し行列が出来ているにもかかわらず、味を売りにしている店はお客さんは皆無、店の人は奥に見えるだけです。
場所的に不利な門前通りの外れのお店は外国人を取り込み、観光案内までして、かなり賑わっていました。

販売しているのは、全部よもぎ餅です!


はしっこ、それを見て『味を売りにしている店は、場所もいいのに胡座をかいてちょっとした努力を怠っているな、それに比べてあとの二店舗はビジュアル的に工夫したり、外国人を呼び込んでみたり努力をしている。

微差が大差を生む


そのような事、言われてみれば当たり前の工夫をしているお店が繁盛するんだなぁっと思った、はしっこです。
はしっこは、普通の会社員ですので自営業をなさっている方は尊敬していますが、今回門前町で見ていて

なるほどな


とちょっと思ったのでした。

では、また。
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

はしっこ、依水園 ③

これだけの庭園を所有出来る人は、どんな人かと思ってしまう、はしっこです。

奈良晒(ならざらし)


という、高級麻織物があるそうです。武士の裃や僧侶の法衣に用いられるそうですが、その御用商人、清須美道清という人が整備したそうです。

もう当時の特権階級ですね!財閥の元になった御用商人もいますので!

現在、その家があるかどうかは知りませんが、一時は隆盛した家も没落していくところもありますから…


その後は明治期の関 藤次郎が整備を続けたそうです。



この日は、正暦寺、依水園、飛鳥の談山神社へ行こうと思ったのですが、談山神社は駐車場が満車で入れず、長谷寺へ向かいました。
では、また。
依水園
奈良市水門町74
休園日 毎火曜日、年末年始
アクセス 近鉄奈良駅より徒歩15分
撮影日 11月30日
コンテントヘッダー

はしっこ、依水園 ②

それでもここは、人が少ないと思った、はしっこです。
この依水園、実業家が所有していたそうで、今ではこんな広大な庭園は所有出来ないでしょうね!

水面に映る景色も美しく

東大寺南大門も借景にして

美しい庭園ですよ!
しかし、はしっこは、個人的には禅寺のお庭の雰囲気が好きですけどね、水墨画のような

しかし、一見の価値はありますよ、この依水園

所々、陰を感じさせるのが日本庭園のいい所でしょうか?

そんな気がします。
依水園
奈良市水門町74
撮影日 11月30日
コンテントヘッダー

はしっこ、依水園

奈良公園隣接にこのような庭園があるのは知らなかった、はしっこです。
奈良公園に隣接している名勝依水園(いすいえん)、はしっこも最近まで知らなかったのですが、なんと東大寺南大門と春日奥山を借景にしているという、江戸時代と明治時代のお庭です。

この三秀庭を中心とする前園が江戸期

東大寺南大門と春日奥山を借景とする後園が明治期のお庭になります。
総面積は3,400坪ということらしいです。

実は、はしっこ、これ程有名な庭園であるにもかかわらず、全く知りませんでした!このお庭。

園内一周するだけでもちょっとした運動になりますよ(笑)


続きます
依水園
奈良市水門町74
近鉄奈良駅より徒歩15分
撮影日 11月30日
コンテントヘッダー

はしっこ、最期には

最後は今よりいい人間になっていたい、はしっこです。
紅葉は、木の幹が冬を越すために栄養を貯めるために葉まで栄養をまわさず餓死させる、そんな残酷な一面もある風景。
紅葉や枯葉を見ると、人生の縮図を見るような感じになる、はしっこ

青い葉と早く赤くなる葉、結果は一緒なんですけどね、人生もそうなのかなって思う時もあります。

形あるものもいつかは無くなる。
はしっこがいなくなっても、世の中は変わりませんが

せめてこれからの人生、今よりも良い人間になれるよう努力して生きたいと思います。
この世に生まれて来たのだから!
では、また。
プロフィール

はしっこ

Author:はしっこ
「寄らば大樹の影」「日和見主義」「強い者の味方」のはしっこと申します。
旅、酒、グルメ、ありとあらゆる事に興味を持ち、綴って行きます。
好きな言葉は「泪橋を逆に渡れ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR