FC2ブログ

はしっこ、いなりは寿司か?

稲荷寿司は寿司なのかと考えた、はしっこです。
寿司 基本寿司は魚貝類や魚を酢飯に載せる食べ物です。さて、ここで疑問なんですが

稲荷寿司は寿司と言えるのか?


という事なんです。
稲荷寿司、庶民が行く回転寿司でも

もっとも安いランク


腹が満たされない時に最後に手にする皿の一つでしょうか
さらに、魯山人の愛弟子、はしっこがしばしば訪れる?

久兵衛やすきやばし次郎 


カウンターで

「いなりを握って」


などとは言えないでしょう^_^
諸説あるようですが、稲荷寿司の発祥の地は愛知県尾張か三河とか、更に豊川稲荷の門前は稲荷信仰があるせいか、稲荷寿司の店がひしめき合っています。

さて、狐


豊川稲荷では荼枳尼天(だきにてん)の使いとして崇められますが、狐と狸、これは騙しの例として、はしっこが好きな無門関の一話

「野狐禅」(やこぜん)


では、不落因果を飲む説いた禅のお坊さんが、間違った事を教えたとして、狐になってしまう

人を騙したので狐になってしまう


という話があります。
その狐は、不昧因果(ふまいいんが)を知り無事解脱します。

狐顏


これは、はしっこ、個人的に好きなタイプの顏です(笑)

若い頃の岡村孝子の顔立ちは好きですねー!


話が逸れました、稲荷寿司

豊川稲荷門前、まつやさん

美味しかったですよー!



わさび稲荷



さっぱりしたダイコンの稲荷、味覚が変わります!



お土産にしても最適、美味しかったですよー^_^


ご馳走さまでした!


いなり寿司専門店 まつや
豊川市門前町5
スポンサーサイト

はしっこ、たごさくさんのおこわ

久しぶりに美味しさを絶賛する、はしっこです。
何気なく見ていた豊橋駅ビルのテナント

たごさくさん


実は、愛知県豊橋市のローカルな仕出し屋さんかなって思っていた程度なんです。

ところが本社は埼玉県川口市に本社がある、店舗数も多いお店だったんです。


まぁ、普通だろうなぁって感じだったんですけど

これがどうしてどうして、この魯山人の愛弟子、はしっこをして久しぶりに感動した味だったんです!





正式社名は山和食品株式会社


九州から北海道までデパ地下を中心に展開しています。
普段、この魯山人の愛弟子、はしっこ、高級な店を食べ歩いていると思われがちですが(笑)

こうゆう大衆的?な食べ物も評価するんですよー



基本、おこわのお店
おこわのもち米、昔は普通のお米より格段に高級で

お祝いの日しか食べられなかったそうで


おこわだけでも高級な食事なんです


しかし、たごさくさんあくまでもデパ地下、持ち帰り専門です。

こんな感じのお弁当になります!



おかず類も丁寧に作られています。
しかしあくまでもメインは

このおこわ



見事な味です!


魯山人の愛弟子、この、はしっこをうならせた(笑)おこわ


感動です!





そして冷めても美味しい


これ持ち帰り弁当の基本と思います。

おこわのもち米も厳選し丁寧に炊き上げて作られる、たごさくさんのおこわ


箸袋に書かれている通り

四季を味わう


この言葉に嘘はない

見事なお味でした!


皆さんが住んでいる地方のデパ地下にも店舗があると思いますよ~
たごさく弁当で検索してみて下さい。
では、また。



はしっこ、栗きんとん

信玄という言葉に過敏になってしまった、はしっこです。
岐阜県恵那市や中津川市、この辺りの銘菓と言えば、なんと言っても

栗きんとん


栗だけの自然な甘さが、なんとも言えない美味しさです。
有名所は、川上屋さんが有名ですが、魯山人の愛弟子のはしっこ的に一番は

澤田屋さんと思いますが、諸兄はいかがでしょう!


いずれにしろ、店は多いです。
そんな中、美濃地方の中津川市にいつも気になる店名が…

その名も信玄堂さん、岐阜県でありながら信玄を語るのは何かある


美濃地方であれば、斎藤道三、さらに、佐藤一斎などを生んだ土地柄


ちなみに佐藤一斎の「言志四録」は、いい本と思いますので、一読を!
はしっこの座右の銘
「春風を以って人に接し、秋霜を以って自らを慎む」この言葉が書かれている本で
さらに有名な言葉は
「小にして学べば、~    話が長くなり、外れてしまいました。
しかし、この信玄堂さん、屋号が気になっていたのです。

もしや桔梗屋の砦かもしれない


だとすれば、この、はしっこ、断じて見逃すわけにはいかない。
意を決し、はしっこ入店しました。

買う気はありませんが(笑)


しかし、聞いたところ

桔梗屋とは、全く関係ないそうです。


ホッと胸をなで下ろし、店を出ようとすると、従業員さんの

「お茶が入りましたので、飲んでいって下さい」


との甘いお言葉、お茶を飲んでしまい

結局、栗きんとん、購入しました。





信玄堂さんの栗きんとん

美味かったですよー!



信玄堂さんの栗きんとんは、初めてでした。



はしっこは、やっぱり、澤田屋さんの栗きんとんが大好きです!
信玄堂さんも、美味しいですが^_^
では、また。

はしっこ、桔梗屋調査

伊豆からの帰り道、東名高速道路のサービスエリアを調査する、はしっこです。

以前、金精軒は、浜名湖より西、京の都まで進出していましたが、片や桔梗屋はどうでしょう?


新東名の駿河湾沼津SAは、桔梗屋に侵食されていましたが…
まず、富士川サービスエリア
結論から言うと

桔梗屋でした。





手軽な二個入りもあり

さらに



桔梗信玄餅キャラメルなどという、商品まで!


邪道だな



桔梗信玄飴なるものもありました。
西へ進みます。

牧之原サービスエリア

桔梗屋です


不二家とのタイアップ商品まで!

昨日まで好きだったカントリーマアム、もう買いません!


でこれらの商品をどうしたかと言うと

購入しました。


全ては金精軒の為、

調査の為です


調査ですからね、信じて下さい。


しかし魯山人の愛弟子、はしっこ冷静に判断します。



キャラメル、普通に美味しいキャラメルです。
久しぶりに歯にこびりつくキャラメル

飴もなかなか美味しいですなぁ~
しかし、問題は

桔梗屋信玄餅キャラメルとカントリーマアム、どちらも山梨限定となっているのに


富士川サービスエリア、牧之原サービスエリア共に静岡県なんです!


いつの間に山梨県になったんだよー


金精軒と桔梗屋、比べてみるのもアリかなっと思った、はしっこです。

はしっこ、追分ようかんって知ってる?

誰が何と言おうと、静岡No.1銘菓は、追分ようかんと思う、はしっこです。

みなさーん、静岡のお土産、お菓子と言えば追分ようかんです。


ようかんで有名なのは、虎屋のようかんですが

あれを毎日食べるとなると、どうですか?


あの濃厚な甘み、歯にねばりつくような食感

そして桐の箱が似合う所が、この魯山人の愛弟子である、はしっこ、好きではないのです。


(ひがみですが)

その点、この静岡県の代表銘菓、追分ようかん

あっさりした中にも、コクがあり見事な味わいなんです!


清水の次郎長や徳川慶喜も愛したと言われる、この追分ようかんを手軽に購入できるんですよ!


さらに

ちょっと後付けのような、発祥エピソード

このような、ちょっとあやしいエピソードは


はしっこ、大好きな話なんです。




ほのかな甘みが口いっぱいに広がるというか


甘めなお酒を飲むような感じです。


それが自然で美味しいんです。


追分ようかんを食べずして、静岡の甘味を語るなかれ


と思う、魯山人の愛弟子、はしっこです。

一度購入してみて下さい!


でも、地味なんだよねー、追分ようかん。
静岡に行きましたという、説得力に欠けてしまうのが、難でしょうか!

コイツはもういいでしょう(笑)