はしっこ、満月ポン

毎日、金麦の発泡酒はキライなので、檀れいと別れた、はしっこです。
最近、浜松市でも「満月ポン」購入出来るんですよ!
満月ポン①
大阪の銘菓!さくっとした食感のコピーはわかるのですが、まろやかな風味のコク、これはわかりません。
食べると麩みたいなせんべいです。
麩の味噌汁がキライな、はしっこ、麩を食べると金魚になったようで腹がたちます。
満月ポン②
これ、お酒を飲みながら食べると美味しいのですが、アルコールが入っていないと、そんなに美味しくない気もします。
満月ポン③
子供が食べると喜ぶ事は無いと思いますが、最近の言葉で言うと「大人の~」です。
満月ポン④
やっぱり、このせんべいはビールとよく合います。
明るいうちからビールが飲める幸せをかみしめる、はしっこでした。
満月ポン⑤
今日もビールを飲みながら、やしきたかじんさんの「やっぱ好きやねん」のYouTubeを見ている、はしっこです。

スポンサーサイト

はしっこ、夫婦善哉

谷崎潤一郎の「吉野葛」が好きな、はしっこです。
法善寺境内の「水かけ地蔵」にお参りをした後は
夫婦善哉⑨
ここしかありません、王道「夫婦善哉」、甘いものが好きであれば寄るべきと思いますよ!
夫婦善哉⑧
小説「夫婦善哉」の最後に出てくるお店です。
どうしようもない主人、柳吉が蝶子に「どや、なんぞ、う、う、うまいもん食いに行こか」と誘うお店です。
夫婦善哉③
「一杯山盛りにするより、ちょっとずつ二杯にする方が沢山はいっているように見えるやろ」と柳吉が蝶子に語り掛ける善哉です。
最近は恋愛成就とか縁結びの店と言われているみたいですね!
夫婦善哉④
一人前でも箸が二つ付いてきます。
さすがに一杯は少量ですが・・・
夫婦善哉⑤
ここのメニューは冷やし善哉と夫婦善哉の二つのみ、コーヒーや紅茶はありません!


法善寺
法善寺横丁の「夫婦善哉」、大阪ミナミへ行かれる時は寄ってもいい名店です。
これで大阪のシリーズはひとまず終了です。
では、また。


はしっこ、食べて感動大黒のかやくご飯

利き手を他人にゆだねる事はない、はしっこです。
初見の大黒さんのかやくご飯
かやくご飯
具だくさんではありません。はしっこは基本的に具たくさんが大好きですが、そうじゃないんだと教えてくれたかやくご飯です。
具は少量のゴボウと揚げ、上には細かい刻み海苔、味は本当に薄味、本来ならはしっこ、醤油でもぶっかけるのですが(笑)、そうは思わせない見事な味です。
これだけでもいいのですが、またおかずが絶品!

大黒⑪
かれいの煮付、これも美味しいのですが、あくまでも主人公がかやくご飯なんです。
おかずとご飯が同等と言いますかお互いのバランスがいいんです!
大黒⑫
これもいい感じに味が染み込んでいます。
思わず唸ります!
大黒⑬
味噌汁を入れた俯瞰です。
かやくご飯が少し多めの方がいいです。
大黒⑯
さわらの焼物、これが雑誌に載っていたのかな?どうしても食べてみたかった1品です。
大黒⑮
この味は胃がもたれている時にも食べやすい味です。
おかずの1品1品、全部味わってみたいですね!
大黒⑰
大阪難波大黒さん、久しぶりに感動する見事なお味でした。
最近感動したお店は、はしっこのブログの最初に紹介した伊賀牛すき焼きの金谷さんとここ大黒さんが双璧です。

大阪に行く時は再訪確実です。

大黒
大阪市中央区道頓堀2-2-7
営業時間:11:30~15:00
       17:00~20:00
定休日:日・月・祝


はしっこ、行ってみたかった大黒へ

三ツ星レストランには興味がない、はしっこです。
大阪・ミナミ、はしっこは静岡県人なので地元の人しかしらない店とかそのような店は行けません(キッパリ)
確か雑誌に少し載っていたんですよ、かやくご飯の店大黒さん、すごいシンプルな色どりであっさり系の料理で興味をひきました。
池波正太郎さんも大阪で舞台があった時は足繁く通ったとかそれと
大黒⑩
この絵、画家の東郷青児のデッサン画、ここ大黒に通っていた東郷青児がその場でさっさっと書いて店主にプレゼントしたそうです。
うらやましいです。
大黒①
外観もいいでしょう!他の店は都会ですので、ほとんどビルです。
店は古いですが、清潔感はあります。
この暖簾を色々な人がくぐったかと思うと期待してしまいます。
大黒③
かやくごはんおメインにしたお店なんか、はしっこの地元の田舎にはありませんしねー
そういえば、はしっこがお伺いした時にも横のテーブルには20年位にこの味を懐かしんできた老夫婦がいらっしゃいました。
なかなか品のある老夫婦でしたよ!
この提灯、年季が入っています。
大黒②
創業は明治35年ですか・・・古いです!
大黒⑨
店内はお客様がいるので撮影は出来ませんでしたが、椅子は全部に大黒の文字が入っています。
大黒⑥
大黒様もいらっしゃいます。
大黒⑤
この絵もいいですね!
大黒⑦
ランチ時にはセットメニューもあるそうですが、2時頃になるとありません。
かやくご飯とおかずを選びます。
はしっこは以前雑誌で見ていたさわら焼物とカレイの煮つけを頼みます。
いもさらだのひらがな表記がいいですね~(笑)
大黒⑧
メニュー裏面
大黒④
壁面にもお品書きが貼ってあります。
かやくご飯
そして憧れていた、かやくご飯が出て来ました!
どんな味なんだろう、期待しちゃいます。
おかず類はまた明日のブログで報告しますね!
とても美味しくて、感動しましたよ!
では、明日。







はしっこ、北極星のオムライス大好き

本屋の立ち読みが好きな、はしっこです。
さて、オムライス発祥の店と言われる大阪心斎橋本店の北極星は、昭和25年に建てられたそうで、関西では9店舗ほどお店があります。
大阪以外に人が利用しやすいというと、新大阪や大阪の駅マルシェのお店でしょうか?
メニューはもちろんオムライスが中心でそれもお手頃価格で提供されます。
あくまでも懐にも優しい敷居の低い洋食屋さんです。
北極星⑤
ホルモン料理もあるのですね!箸袋の裏に書いてありました。
注文は、もちろんチキンオムライス
北極星⑦
まず香りがいいですね~、それとソースもタップリかかっています。
付き合わせはガリでした。
薄く包み込む、玉子焼きはもちろん破れていません、この薄さ感動します!
北極星⑥
このケチャップソースも特製でした。
このソースをお土産に買う人も多いです。
店内は国際色豊か、色々な言語が飛び交います。
各種カードも使えます。
北極星⑧
北極星はどちらかというとこの店の雰囲気の中で食べるのがいいと思います。
この店舗が新しくなったらと思うと今の雰囲気が壊れてしまうと思うのです。
もちろん、美味しい事は確かなのですよ!
さすが食い倒れの町、大阪、色々歴史のある店が多いです。
また、行きたいです。
北極星②
歴史のある大阪・北極星、心斎橋本店のレトロな建物で食べるのがお勧めです。

北極星 心斎橋本店
住所:大阪市中央区西心斎橋2-7-27
営業時間:平日11:30~22:00
       土日祝:11:00~22:00