FC2ブログ

はしっこ、順正さんの湯豆腐 ②

湯豆腐は、洗練された料理と思う、はしっこです。

湯豆腐


不思議な料理ですよね!

豆腐には味がない


ぽん酢醤油を舐めても美味しくない


豆腐をぽん酢醤油につけると、初めて

美味いと思う


なんでも旨味を発見した人は

湯豆腐を食べて発見したとか





鍋の中には豆腐のみ


はしっこは個人的に具だくさんの物が好きですが

湯豆腐は豆腐だけでいいと思いますねー



出汁は利尻の昆布をひと煮立ちしているとの事、昆布自体は土鍋の中には入っていません!


この味がきっと湯豆腐の味を左右するのでしょう。

薬味はネギのみ、最初は豆腐の味を殺さないため、何も入れずに食べます。



口の中に入れて味わうと

お世辞抜きに至福感が有ります!


トリプルウマしです!



この日のご飯は、秋らしい松茸ご飯

香りもよしです!



途中からネギを入れ変化を楽しみ

最後まで大満足です。


ゆずのひと切れもきいています。

京都南禅寺前、湯豆腐順正さん

自称、魯山人の愛弟子このはしっこ、素晴らしい味と思えるお店です。





京都に行かれる方に是非行ってもらいたいお店です。
では、また。
スポンサーサイト

はしっこ、順正さんの湯豆腐

湯豆腐で感動する、はしっこです。
京都、ホントに地元の人が愛する店はなかなか見つける事は出来ないと思いますが(京都以外の人間には)ここ、順正さんは観光客も多いですが

トリプルウマし


を差し上げてもいいと思うお店です。
そもそも、はしっこ

大黒のかやくごはん、金谷の寿き焼、それとココ、順正さん、比較的よそ者も相手にしてくれて?感動極まったお店です!


 
やっぱり京都、まず水がいいんでしょうか?

最初に出て来る豆乳、これで口の中を整えます。

ごま豆腐、ほんのりと甘いタレがかかっています!

炊き合わせ、これも薄味でウマしです。

そもそも味噌と豆腐はこのように味わうのがベストじゃないでしょうか?
ちなみに、はしっこ

おでんは好きじゃないんです!



天ぷらはもちろん塩で、ここでは最初から塩がかけてあります。
塩をかけすぎて、豆腐の味がわからなくなっても困るからという、配慮でしょうか?
ちなみにテーブルの上には調味料類は、ありません。

土鍋の色合い、厚みもよしです。

最初から豆腐が鍋の中に入っています!


ちなみに食べごろになるとお店の人が蓋を開けてくれます
それまでは、しばらく待ちます。
さて順正さん

湯豆腐はこのくらいの金額


この上の懐石コースになると

別のお部屋に案内してもらえるみたいですよー、グレードの上がった!


それでは湯豆腐は、明日にでも
では、また。

はしっこ、京都の庭に

最近は小堀遠州風の庭園より、禅寺の庭が好きな、はしっこです。
はしっこ、若い頃は小堀遠州風の庭園が好きでした!

これは遠州風のお庭ではないと思いますが

借景に背後の山を利用したり、自然を表す感じがとても好きだったんです。

まぁ、ここは取り立てて有名なお庭ではないのですが

京都の南禅寺の門前

順正さん


湯豆腐で有名な老舗のお庭なんです!



今回は、久しぶりに秋らしく順正さんの湯豆腐を食べたくなり、京都までやって来ました!



食べ物で感動する事は殆ど無いのですが

この自称、魯山人の愛弟子、はしっこ


京都、順正さんの湯豆腐、難波、大黒さんのかやくご飯、伊賀の金谷さんのすき焼き


これは

はしっこが好きで感動したお店の3店です!



更に申し上げますと

はしっこの懐でも行けるという、比較的リーズナブルなお店なんです!



 今日も順正さんの湯豆腐が食べられるという事で、楽しみに京都にやって来ました!
湯豆腐は明日にでも報告しますね!
では、また。

はしっこ、怒りの京都グルメ

京都人の腹黒さを知った、はしっこです。
京都鉄道博物館を後にした、裕治伯爵氏とはしっこ、京都駅前で昼食です。

元祖赤ちり屋さん、ドカモリ丼という言葉に惹かれ入店です。
店内はガテン系の人が黙々と会話をせず食事中、店の人がランチのおすすめはコレですと一方的に示したのがこのメニュー







まぁ、なんでも良かったのでドカモリ丼と生ビールを注文です。


そうしたらドカモリ丼とスープ、生ビールがついて税込1000円の表示が、すかさず裕治伯爵氏が指摘し変更希望を!






しかし店の女性はもう打っちゃったので変更出来ませんとの事!


それもコレが出る前の注文直後ですよー、セットで1000円それもスープ付き、かたやスープ無しで1069円、普通はお得なセットがありますよって勧めません?


しかしこの後に行った、寅吉さんのオバちゃんは、「それが京都」


と教えてもらいました。
修行が足りません!

そういやぁこの店のブラックボードのイラスト、ウサギだな、ウサギを偏愛する人と行ったのでこのような仕打ちに会ったのかなっと思った、はしっこです。


















はしっこ、0系新幹線運転台へ

今見るとさすがに古いなぁと思う、はしっこです。
さて、0系の運転台に並んで乗りました。
並んでも乗る価値はありますよ!

上部に登る運転台ってちょっと狭いですねー

憧れの運転台これが車両を制御していた運転台と思うと感動です!

運転台に座った所を記念に写真撮影も可能です!
小さいお子さんがいると喜ばれそうです。そんな子供が喜びそうな写真撮影をはしっこはやりました^_^記念ですから(笑)

やっぱりスピードメーターが大きめですねー

現代の感覚では古臭い運転台ですが、やはり感動する、はしっこです。
京都鉄道博物館、見応えありますよ~^_^
明日は、京都での昼食です。