はしっこ、早川漁師めし食堂にて

手早く食べられるのが好きな、はしっこです。
さて、冬の夕暮れは早いです。3時過ぎになると少し日差しが傾き、日陰が多くなります。
相模湾と言えばキンメダイ、シラス、アジこの3つの魚を思い浮かべる、はしっこ、早川漁港でアジフライを食べられるのでしょうか?
早川①
静岡県沼津程ではありませんが、早川にも多少、観光相手のお店があります。
案の定、3時ですともう閉店という店もあり、特にアジは売り切れという店がほとんどで、結論からいうとこの日アジはすべてのお店で売り切れでした。
仕方なくあまり期待せずに(すいません)この「漁師めし食堂」へ入りました。
この日待ち時間は30分ほどでした。
早川⑫
待ち時間の間に向かいの土産物店には、小田原の老舗「籠清」さんの蒲鉾も、こんなコラボ商品を出しているのですね!
パッケージにはドクターイエローというのがナイスです。
早川④
予定通り、待ち時間30分ほどで名前が呼ばれ入店します。
店名からすると、あまり期待も出来なかいと思ったのですが・・・・
ほら、観光客相手のめし屋って酷い所多いじゃないですか?はしっこの思い込みかもしれませんが(笑)
この日か海鮮天丼漁師丼を注文です!
早川⑨
それと壁に誇らしく貼ってあったこの「寿雀卵」、興味があり「漁師とろろ」と一緒に頼んでみました。
たまご大好き!
早川⑤
まずは海鮮天丼税込み1,922円、意外とボリュームもあり丁寧な仕事です。
早川⑥
甘めのたれで、海老・アナゴも大きめです。
早川⑪
海鮮丼税込み1,706円、これもよかったですよ!シラスが乗っているのがうれしいです!
早川⑧
来ました「寿雀卵」、たしかに箸でしっかりつかめます。
早川⑦
それとこの「漁師とろろ」コレ、おいしかった~、金額も税込み572円なので絶対食べてみて下さい。
とろろでご飯をかきこむのは、最高ですね!
それと金額も安いです。
富士山夜景
小田原市早川漁港「漁師めし食堂」さん、期待はしていませんでしたが、よかったです。
ご馳走様でした。
また行きたいです。
最後の写真は、その日の帰り道、乙女峠からの富士山の夜景です。
では、また。
漁師めし食堂
神奈川県小田原市早川1-4-8
スポンサーサイト

はしっこ、早川漁港へ

気まぐれに行先を決めてしまう、はしっこです。
正月明け4日、寝正月を決め込んでいたはしっこですが、急に富士山を見たくなり、昼前11時過ぎに家を出ました(遅いです)。
静岡県はどこでも富士山が見られると思われがちですが、はしっこの住んでいる浜松市は静岡県の西の端、中央の静岡市まで来れば比較的富士山は見られるのですが、浜松市から見られる所というとあまりありません。
時間が遅かったので、この日は高速道路を利用です。
新東名は走りやすいですね、ぼーっと走っているとあっという間に沼津です。
最初は、伊豆半島の達磨山戸田(へだ)付近で駿河湾越しの富士山を眺めようと思ったのですが、沼津付近にはやや霞かかっていました。
せっかく行って富士山も見れないとなるともったいないと思い、急遽変更して熱海の来宮神社へ初詣に行こうと計画を変更しました。
しかし熱海峠を下り来宮神社まで来たのですが、かなりの混雑、来宮神社も諦め、お腹も空いたので遅めの昼食をどこかで食べようと考えました。
熱海と言えば観光の町、道もあまり広くなく思い浮かぶ店はありません。
洋食屋の「スコット」さん(スコットへ行くほどそんなお金ありませんが)やラーメンの「わんたんや」さん、駐車場もありませんから熱海は断念し、次は、湯河原、「味の大西」さんや裕治伯爵さんが絶賛されている「国見ラーメン」さんにも食指が動きましたが、なぜか素通り、そうこうしている内にうっかり渋滞の聖地?、真鶴道路に入ってしましました。
時刻は14時過ぎ関東へ帰る車の渋滞が始まる時刻です。
この日は真鶴を迂回する海上ルートを選び、渋滞の中へ、後戻り出来ない道、真鶴の岩海岸を渋滞の中、横目で見ながら、「そうだ、アジフライを食べに早川漁港へ行こう」とこの時に決めたのでした。
通常15分位で行ける所、1時間弱かかりやっとの事で早川漁港に着きました。
早川⑭
早川漁港より根府川方面をのぞみます。渋滞がなければ相模湾沿いの景色のいい道路です。
早川⑬
小田原提灯の灯台
早川②
ハイ、喰いに来ました。
早川③
しかしこの時間からアジフライ、食べられるのでしょうか?
早川漁港まで来て少し後悔してしまった、はしっこでした。
この話は続きます。
では、また。