FC2ブログ

はしっこ、鶏めしを食す

椿大神社近くで鶏めしを食べた、はしっこです。
椿大神社、飲食店はそう多くないのですが所々に鶏めしの文字が

では、いただきますか、その鶏めしを

鶏めしと茶そばのセット



茶そばは見たまんまですが

鶏めし

これはウマしでした!


炊き込みご飯、はしっこあまり好きではないのですが、これは美味しいです。


鈴鹿市に行く際は、椿大神社、ここに寄らなくてはなりませんよ!






では、また。
スポンサーサイト

はしっこ、椿大神社 ②

椿大神社で心が洗われる、はしっこです。

椿大神社


はしっこ、こんなに参拝して、身体が軽くなったような気持ちになったのは、初めてです。
参拝前に鳥居の前で深呼吸するだけでも

全然違います!!




さらに横の

この社も夫婦円満、縁結び、芸能上達の神様が祀られています。




そしてもう一つのパワースポット



金龍明神の瀧



スマホの待ち受けにするといいとか…



椿大神社、そう規模は大きくないのですが、はしっこが久しぶりに感じた

とってもスピリチュアルな場所です。




では、また。
椿大神社
三重県鈴鹿市山本町1871

はしっこ、椿大神社 ①

読み方がわからなかった、はしっこです。

椿大神社


とっても雰囲気の良いブログ
ちゃこさんの

雨男VS晴子のおでかけ記録


に出ていて、はしっこもいつか行ってみたいと思っていました!
なんでも
猿田彦大神を祀る

日本最古の神社


と言われているとか…



猿田彦大神は不思議な神様で
異形の神様
天孫降臨から皇系を啓行し

「地上の生きとし生けるものの平安と幸福を招く、導きの神様なんです」



そのせいか、はしっこもこの神社に着いてから、何か気持ちの良い不思議な感覚に

やっぱり神様がいらっしゃるんだろうなっと、不思議な気持ちに思える場所でした。



とても神聖な気持ちで



拝殿に参拝します。



神社に参拝すると、気持ちがスッキリとしますね!

自分の悪事を反省したり、気持ちのつかえを取り払ってくれるような❗️



ちなみにこの社
つばきおおかみみやしろと読みます。
はしっこはナビで入れる時
つばきおおじんじゃやつばきだいじんじゃと入れたのですが、入りませんでした。

正式には、つばきおおかみやしろ


と読みます。
椿大神社
三重県鈴鹿市山本町1871

はしっこ、松阪散歩 ②

近江商人は最近で、昔は伊勢商人という言葉があった事を知った、はしっこです。
松阪と言えば

すき焼きの牛銀さん



まあ、はしっこは、伊賀牛の金谷さん


に行きましたので寄りませんが
池波正太郎先生が絶賛した

「年増女の味がする」金谷さんにお金を貯めて行きたいと思います。


松阪牛の牛鍋屋は食べた事はありませんが

伊賀牛の金谷さん、これは大変ウマしです!


さらに松阪にはもう一軒

旧長谷川邸


伊勢商人の中でもいち早く江戸に進出した豪商です。

現在は見学無料ですが、来年からはNpo法人になり有料となるとか…


貴重な歴史的文化遺産です。



質素を旨とした生活と言っても、当時としては大豪邸だったんでしょう!



大正座敷



敷地内の庭園





松阪市の歴史的建造物、訪れるのも楽しいですよー!



本来は、松阪城跡や本居宣長の生家を行く所ですが、肋骨骨折の痛みが残っているので諦めた、はしっこです。
松阪市は足腰が強ければ、駅から徒歩圏内で観光可能です。
では、また。

はしっこ、松坂散歩 ①

江戸時代、地方は潤っていたと思う、はしっこです。
金沢を旅している時にタクシーの運転手さんが

「幕末まで金沢が全国の中で4番目に人口が多かったんですよー」


と言ってまして、調べてみると大阪、江戸が拮抗、その後京都、その次に金沢らしいです。
新潟なんかも人が多く、今言う農業が盛んだった場所が人も多かった様子です。
そんな中

三重県松阪市


伊勢本街道沿いは、かつて栄えた面影が色濃くあります。

松阪商人の館


入場料200円は、払いますが往時の繁栄が良くわかる豪商の家があります。

このように色分けしてある所が松阪出身の豪商「金持ち」の全国ランキングです。

間口はそう広くないのですが、奥には倉庫や

蔵があります。
この豪商には、千両箱ではなく

万両箱があったそうですよ!



かなり立派な建物です。
一生懸命に商売をして、大きくなったんでしょうね!

ここは明治以降にも紡績会社や銀行を経営しながら、現在は紙業や不動産業を営んでいるとか

それにしても立派な建物で

三重県の指定有形文化財になっています。



蔵の中には撮影禁止ですが、貴重な資料が展示されています。

来客者をもてなした向座敷

18世紀初頭まで江戸にいた木綿店の約6割がなんと伊勢の国(松阪、津、若松)だったそうですので、今で言う三重県はかなり栄えていたと想像が出来ます。

そういえば財閥の三井も松阪出身ですしね!


松阪にはもう一軒、見どころな古いお屋敷があります。
それは、明日にでも^_^
では、また。
松阪商人の館
松阪市本町2159
松阪駅より徒歩10分