はしっこ、久しぶりのキネマ食堂

紀元節を復活させるべきだと思う、はしっこです。
ひさしぶりに行ってしましましたよ、掛川市のキネマ食堂元々、映画館や遊郭があったハイカラなエリアだったらしいのですが、今は寂れています。
でもここはいつもにぎわっていますよ!
キネマ食堂①
外観はこんな感じ、掛川市民でもエリートしか入れない?有名店です。
キネマ食堂⑥
以外とメニューは多いです。季節物もあるんですね!
キネマ食堂⑦
キネマのカレーライスも気になりますが、今日は定番ラーメン定食を食べます!
ここの定番中の定番です。
キネマ食堂⑧
醤油は三角ボトルでしょう、でもここ大衆食堂でありながら清潔感があるんですよ!
女性客が多いのも納得です。
キネマ食堂⑩
まずラーメン、普通のラーメンです。ラオタは興味のないラーメンでしょう。しかし美味い!飽きが来ない味です。
安い海苔(店名が入った海苔は以ての他と思うはしっこ)、シナチク、ナルト、チャーシューそしてネギが入る王道です。
丼の模様が最高、そしてここのラーメンはレンゲは不要です。
ラーメンは丼に口をつけてスープを飲む、これが本来の姿でしょう、さらにレンゲに麵を乗せるヤツ、腹が立ちます!


キネマ食堂⑬
ぺしゃんこなメンチカツ、これはこれで最高です。これにはソースをドバかけでしょう!
チーズメンチはここの人気メニューですよ!
キネマ食堂⑪
カボチャサラダ、下にレタスがあるのが泣けます。これにプチトマトだったら即刻ブッ殺します、プチトマトって生意気じゃないですか?
サラダに私がいないと始まらないでしょうという感じがありありと出ていて、合コンで付き合いで出て来て実際あんた達なんか興味がないの、という高飛車な女!
お前だよ〇〇!

今度会ったら罵倒してやる!と思う卑屈な、はしっこ。
キネマ食堂⑫
冷奴で頭を冷やします。
キネマ食堂⑨
それにしてもいつも美味しいキネマ食堂でした。
食べた後の満足感、コレですよね!
掛川市の人気店です。
ラーメン大好き小池さんはこんなラーメンを毎日食べていたんでしょうね!
掛川市の来られる時はぜひお寄り下さい。
行く価値はありますよ~

キネマ食堂
住所:静岡県掛川市下俣173
営業時間:11:30~13:30 18:00~21:00
定休日:月曜日




スポンサーサイト

はしっこ、今度の五味八珍しょうゆはいいぞ❗️

つけ麺ぎらいな、はしっこです。
遠州人のソウルフード、五味八珍、先日行ったらこんなお知らせが

しょうゆが変わったそうです。
今年の4月頃から、実ははしっこ、醤油ラーメンあまり好きじゃないんですよね!
これを見る前には味噌にしようと心に決めていたのですが

ランチのチャーラーを醤油で頼みました。
はしっこは五味八珍のチャーハンが大好きなんです。
ラーメンは別になんですが...

これが新しい醤油ラーメン、で、味見をせずぶっかけます。
ぶっかけ願望がある、はしっこです^_^

このコショウは穴が大きいのでドバ出しに向いています。
いわゆるAVの見過ぎというヤツですか(笑)

で結論から言うと、確かに今度の醤油、良くなりました。
スッキリとした(変な意味ではなく)感じでしょうか?

でも、はしっこはやっぱりチャーハン派です。
今日から5月ですね~、連休=海外という偏向報道は辞めて欲しいと思う、さわやかなジジイのはしっこでした。

はしっこ、たまにはこんな喫茶店

以前は毎日のように喫茶店に行っていた頃を懐かしむ、はしっこです。
奥浜名湖沿いにある「蔵茶房なつめ」さん、はしっこもたびたび前は通っているのですが、寄った事はありませんでした。
はしっこがよくお邪魔させていて敬愛しているはなみづきさんのブログ「ちょこっと日帰り旅行~伊豆の田舎より~」に取り上げられた事もあったので、きっといいお店だろうと思い行って見ました。
ほうらいせん③
観光ルートではないので、交通量はそう多くありません。
奥浜名湖の一部なのですが、猪鼻湖と呼ばれる湖のほとりにあります。
ほうらいせん②
ほうらいせん①
平日だったのですが、店内はいっぱい、特に浜名湖が見渡せる席は小説や雑誌をのんびりと読んでいる人も・・・
そんな雰囲気になるお店です。
ほうらいせん⑥
コーヒーの水は奥三河の天然水を利用しているそうですよ!
ほうらいせん⑦
プラス350円で自家製パンのサンドセットも選べます。
ほうらいせん⑤
はしっこは、この焼き菓子を注文してみました。
ほうらいせん⑧
この位の量がコーヒーにはちょうどいいです。
確かにもっちりとした食感、香りは香ばしいです。
外の音は聞こえませんので、のんびりと本を読むのもいいでしょうね!
携帯なんかの電源は切っておいて・・・
ほうらいせん⑨
蔵茶房なつめ、奥浜名湖のちょっといい喫茶店です。
はしっこも通いたい喫茶店です。

住所:浜松市北区三ケ日町津ケ崎367-1







はしっこ、どんぐりに行く!

キリンビールとオレンジジュースの味の違いはわかる、はしっこです。
沼津と言えば、どんぐりと言っても過言ではないと思うのですが、はしっこが沼津市に単身赴任時代、事務の女性社員にどんぐりの事を話すと「いまどき、高校生でも行かない店」と思いっきり言われ「そうだよねー」と思いっきり同意をしてものわかりのいいオヤジを演じてしまった、はしっこです。
どんぐり⑱
店内のBGMには昭和から平成にかけての歌謡曲が流れてます。
そうですこの店のターゲットはそのあたりの年代、40代~60代、バブルを懐かしむ世代なんです!
どんぐり⑪
今の若い奴らにこの機械の名前がわかるか?
言ってみろ!

ちょっと強気になる、はしっこ
どんぐり⑩
落ち着いて、掛川に座ります。
お好きな席にどうぞ!
店員の案内はありません(笑)
どんぐり⑫
一応、店のルールを、この説明文、昔から変りません!


どんぐり⑬
このようにランプが点灯すると、料理が流れて来ます。
どんぐり⑭
来ましたー


どんぐり⑮
落ち着いて取ります。
どんぐり⑯
二桶目!重さにより桶が分かれます。
どんぐり⑰
どうです、このあんみつ、思いっきり普通でしょう!

ホントに普通なんです。
コーヒーも豆がどうの、挽き方がどうの、水がどうのとかいうレベルではないんです。
普通です(笑)
どんぐり⑲
食べ終わったらこのように流します。
決して美味しいとか、この1品とか、そのような店ではないんです!
これは、昔からそうです。
ここだけ不思議な時間が流れているという感じなんです。
空気感が違うというのかな、なんとも言えない気持ちになるんですよ!
美味しさのうんぬんを言えば野暮になります。
そんな店なんですよ、どんぐりは
はしっこも沼津に行く時は、必ず寄りますよ!
では、明日

どんぐり
沼津市大手町5-8-22
定休日:水曜日
営業時間:11:00~19:00

はしっこ、沼津どんぐり

早寝、早起きより早寝、二度寝の、はしっこです。
沼津市の話の続きです。
「どんぐり」というと沼津市民には、有名な甘味処、はしっこの幼少の頃からあるお店で、大好きなお店でした。
未だにあるのです(笑)
これが美味しいとか、この店はとっても美味しくてという人がいたら、それは偽善者です。
思い出に残る店と言えばいいのでしょうか?
それだけでも存在価値があるのかも知れません。
はしっこも沼津に行く時は、寄ってしまいます。
でもそのために沼津へ行くかというと、それほどの価値があるのかどうか、微妙な感覚です(笑)
ほさか⑦
昨日、ブログでご紹介した仲見世通り、やはりそこから少し曲がったところにそのお店はあります。
どんぐり①
外観はまったく普通の喫茶店です。
どんぐり②
上段は、昔のデパートの上階にあったファミリーレストランの子供寄せのメニュー、これはこれで懐かしい雰囲気です。
どんぐり④
子供心に不思議だったのは、お茶漬けがメニューに多い事、飲み屋の〆のイメージしかないのですが、夜は営業していません。
どんぐり③
それときしめん、これも不思議でした。
きしめん、めずらしかったです。
もちろん子供のはしっこは、お茶漬けやきしめんは食べませんでしたが・・・
このメニューのラインナップは、変わりません。
人気があるのかどうかはわかりませんが。
どんぐり⑨
そして店内、なんと川に桶が流れています。
そうです、このお店は、注文したものが川の桶で流れてくるのです。
それが子供心にとっても楽しく、沼津に行く時は「どんぐり」に行きたいと親にせがんだものです。
どんぐり⑤
当時と変わったといえばコレかな?食券が自販機になりました。
昔は先代のおじいさん、おばあさんが受付で食券を売っていましたが・・・
15~6年前に行った時にまだおばあさんが食券を売っていた事でビックリしたものです。
計算とか数とか間違ったりしていましたが、それでも店頭に出たかったんでしょうね!
どんぐり⑧
今日は、掛川に座ります。
食券をホルダに付け、桶に乗せ流します。
どんぐり⑨
それが先ほどの写真ですが、厨房の方へ流れていきます。
どんぐり⑥
これがそのホルダー、食券をつけます。
どんぐり⑦
こうやって流します。
続きは明日に報告しますね!
では、明日。