はしっこ、初めての富士宮焼そば

ソース焼そばは、ジャンルでは和食になるのか疑問の、はしっこです。
富士宮焼そばなるもの静岡県民でありながら、はしっこ、食べた事ないのです。
だいたいB級グルメって言葉自体、大キライなんですよ!食べ物にAもBも無いと思うのでは、はしっこだけでしょうか?
まあ、富士宮焼そばは、ご当地グルメとして先駆けで良く頑張っていると思いますけどねー、富士宮、最近行ってないなあ、白糸の滝とか朝霧高原なんかは、好きですが、市の中心部となると?浅間神社がありました^_^それに湧玉の池、そんな事を思いながら
これ

うみゃー焼そば方言からすると、うみゃーづらの方がいいと思うのですが、買ってしまいました。
ちょっと高いづら

中味はこんな感じ、生麺と具などが分かれて入っています。
富士宮焼そばが丁寧には再現されている雰囲気があります。
勿論、乾燥キャベツは麺の下に入れて、お湯を注ぎますよ!
お湯入れ4分です!

湯を捨てた後の麺、さすが生麺、違いますこれだけでもコストがかかっていますね~

ドロッとしたソースちょっと酸味があり独特です。
なかなか凝った味付けです。

別袋には、具が入っています。
これだけ入って、一般のインスタント焼そばより不味かったら笑いますけど^_^

最後に青のり、削り節を入れて観戦です。
やはりちょっと値段が高いだけはあります。
で味はどうかと言うと

こりゃあうまいづら確かに普通のインスタント焼そばより高いだけあって違います。
富士宮焼そば学会も厳しく目を光らせたのでしょう。
やっぱり麺が違いますね麺の美味しさが際立っています!
この焼そば、静岡県内のサービスエリアなんかで販売しています。
お土産にもいいのではないでしょうか?
しかし、はしっこ、富士宮焼そばを食べる目的だけに富士宮には、行かないだろうと思います。
あくまでも焼そばはついでですね!富士宮の方、申し訳ありません。
それは浜松餃子にも言える事ですから(笑)
では、また。
スポンサーサイト

はしっこ、麻婆豆腐は別皿で

どんぶり物は、大好きな、はしっこです。
静岡県の中華チェーン店と言えば五味八珍さん静岡県人には、なくてはならない中華料理の名店です。

この子供も大きくなり、どこかでラーメン屋を開いているとか…
まぁ、五味八珍さん、なんでも美味いんですけどねー‼️
しかし、はしっこには変なこだわりが
麻婆豆腐は、別皿と思うんですよ‼️

食べられない事はないのですが

麻婆豆腐、回鍋肉、天津飯は、別皿が美味いと思う、はしっこでした^_^

五味八珍さん、美味しいんですけどね!
変なこだわりでした(笑)

はしっこ、男は黙って大川屋メンチカツ

ドバがけが大好きな、はしっこです。
長澤まさみさんの出身地であり、ジュビロ磐田の本拠地がけある、静岡県磐田市、ここには以前もご紹介したメンチカツの名店、大川屋さんがあります。

平たく言うと街道沿いの定食屋なんですけど

なんと言っても


メンチカツ定食なんです!大川屋さんは、誰がなんと言おうともメンチカツ定食なんです^_^
そしてメンチカツの美味しい食べ方は

ソースドバがけ
これに限ります
誰がなんと言おうともドバがけですそしてごはんをかきこむ、コレでしょう

しかし、何度食べでも美味い、他も美味しいのですが、やっぱりメンチカツ定食なんです繰り返し言いますメンチカツ定食なんです^_^

カラシ付きなのも気がきいています。

最後に言います。
大川屋さんは、メンチカツ以外も美味いです(笑)では、バイなら!

はしっこ、陸茶坊の中華に感動

冷菜がメニューにある店は高級中華店と思う、はしっこです。
古い話ですが、約20年前、はしっこが沼津市に単身で住んでいた頃、はしっこの会社の同僚が鼻息荒く、函南に料理の鉄人の陳健一に勝った人の店がある、函南みたいな田舎に(失礼)あるのかよって思ったものです。
場所と店名は知っていたのですが、入る機会は無かったのですが、今回、念願?かなって入りました。
この花瓶、高そう
この人ね、陳健一さんに勝ったのは
その当時のVTRが流れています。
テーブル席に通されます。椅子にも陸茶坊の刻印が…
季節は真夏、冷たいお冷でも最初に飲みたいのですが、出て来たのは

熱い烏龍茶、おい!夏だろう、これが天下の陸茶坊のおもてなしのやり方かよ


ちょっと憤慨 する、はしっこ


しかしこの烏龍茶が今まで飲んだ烏龍茶が一体何だったんだーと思う旨さです。


まず合格点です!
こんな容器に入っていました。



この烏龍茶の葉、陸茶坊さんで販売していました。


これ、凄いです。


注文は、はしっこに一任されましたが



ここで問題が、はしっこ、このような店慣れていないので何を注文していいのかわかりません(笑)

自称、魯山人の愛弟子を名乗るはしっこ、餃子、回鍋肉、レバニラ位しかわかりません。


しかし何となく想像出来るエビチリを無難に選択します。


このエビチリ、エビも大きくプリプリです。



やっぱり違うの一言です。


そしてもう一品、豆腐の五目入り煮込み

これも素晴らしいです!


美味いです!


チャーハン、このチャーハン、はしっこ好みの薄味です。
さらに
デザート、ミルクティーではなくプリンですよー、これ200円のサービス価格です。
静岡県函南、熱函道路沿いにある、陸茶坊さん、

この魯山人の愛弟子である、はしっこが三つ星をつけてもいいと思った名店です。


伊豆に訪れる時には、おすすめですぞ!
では、また。

はしっこ、おおとり荘夕食

旅館の夕食は量が多すぎと思う、はしっこです。
さて、温泉に浸かってノンビリした、はしっこ、その後は

お楽しみの夕食です!


ふむふむ、お品書きですな、夏らしい品が並びます。


しかし、この魯山人の愛弟子?はしっこ、これといって目新しいものはないぞと文句を言う、偉そうな事を思います。
沢蟹が食べられません(笑)


季節的にナスですか…
茄子が二回も出て来ました。蛸が出ると、必ず料理の鉄人で本物魯山人の愛弟子の平野雅彰氏は、私には固いとコメントしていましたね!
刺身の量もちょうどいいですよ!
酢の物は鰻
焼物も良かったです。しかし、唯一の不満は
肉がね、ちょっと筋がね^_^
可もなく不可もなくという感じでしょうか。
量はそんなに多くはなかったですよー
では、また。